8月は前半全然電波が入りませんでした。(最初の電波が14日)

後半は巨人ネタばっかりです。
ゆかり:だめよ。ワンパターンは知性の墓場よ!

電波受信状態 (BCLログ?)
8月14日    お盆特集
8月17日    マンガ喫茶で捕まえて (Catcher in the Comics Tea Room)
8月21日    ちよちゃん球場へ行く2
8月25日    駅前留学
8月29日    未来日記
 



8月14日    (お盆特集  4コマ風に)

未成年です
ちよ:お盆ですねぇ
神楽:みんな実家に帰らないのか?
ちよ:よみさんは家族で実家に帰ってるって言ってましたよ。
とも:くぁーっ いまごろだだちゃ豆くってビール飲んでぷはーっとか言ってるんだ。いいなぁ。
ちよ:あの、、、まだ未成年ですけど。
 

おちつかない
大阪:そういえばお盆て なんで「」なん?
とも:お供え物をお盆に載せるからじゃないの?
大阪:盆栽と関係が?
神楽:夏の合間で盆地みたいだからだろ?
大阪:盆栽ゆーてもなー、あれ鉢植えでお盆に植えてるわけや無いで
とも:あ、そういえば坊さんが来るからじゃないの?
神楽:盆の窪(ぼんのくぼ:首の後ろのへこんだ部分)ってのもあるな

ちよ:(やっぱよみさんがいないと話がまとまらないなぁ…)
 

ウルトラの星?
榊 :ちよちゃんは… どこへ帰るんだ?
ちよ:え、おとうさんの実家へ。
榊 :!やっぱり?(ちよ父に手を引かれて東の一番星に向かって飛んでいく親子を想像中)
ちよ:
 

ふるさとは地球
榊 :(想像から覚める)
榊 :それって地球?
ちよ:え、そ、そうですけど?
 

靖国参拝
大阪:えいきゅう戦犯ってえげつないなー
ちよ:そうですね。戦勝国が一方的に裁いた結果ですからね。
大阪:永久に犯罪者なんて救いがないやん。
ちよ:あの、、、A級ですよ。
 

思う壺
ちよ:お盆が来ると夏休みも後半ですねー
大阪:今年もマグネで稼いでるでー(ちよちゃんと時給100円違うけど)
ちよ:今回はねねここねねこセットですよ。今年は親戚の子は遊びにこないんですか?
榊 :! こ、今度来るんだ。
 

踊る大団円(盆踊り編)
大阪:あ、盆踊りやっとる。
とも:よし、いっちょ踊りに行くか。
神楽:いいねいいね。
とも:じゃあみんな着替えて集合だ!
皆 :おー (含む ちよ、榊)

最後にオチはありません。和やかな雰囲気ということで。


8月17日    マンガ喫茶で捕まえて(こっちは設定無視版の完全架空物語です)

よみ:大阪。駅前の漫画喫茶行かないか?
大阪:ええでー ちょうど読みたい漫画もあってん。
ちよ:えー私そういう店って行ったことないんですよ。一緒に行っていいですか?
よみ:もちろん。そうかちよちゃん漫画喫茶初体験か。こうやっていろんなことを覚えて
   大人になっていくんだな、、、 ひゃーひゃーひゃー
よ:よみさんなんかキャラクターが違いますよ?(オヤジなんとかが取り付いてる?)

漫画喫茶にて
ちよ:うわぁー ここが漫画喫茶ですか。初めてきました。
よみ:じゃあ最初に会員証を作って、、、席を決めるんだ。

ちよ:えー飲み物フリーなんですか。
よみ:他にも持ち込み自由とかいろいろ店によって違うけど、たいていはソフトドリンクフリーだな。

(それぞれ本を選ぶ)
よみ:さあ読むぞーーーーー
ちよ:張り切ってますね。
大阪:えーっと、、、、
よみ:今日は「ゴールデンラッキー」と「うっちゃれ五所川原」と「赤ずきんチャチャ」と、、、「海皇記」の最新刊は…
ちよ:私漫画ってあんまり読んだことないから楽しみです。
大阪:あったこれや「こどものおもちゃ」まだ途中までしか読んどらへんねん。

よみ:じゃあこの机な。

(1時間後)
よみの前には6冊読み終わった本が。
大阪:1時間やー あれ?よみちゃんそれ全部読み終わってん?
よみ:あー? これ?読み終わったよ? 大阪は?
大阪:もうちょっとでこれよみおわるとこ。
よみ:、、、ってそれ最初の一冊?
大阪:そうや。漫画はじっくり味わってよまなあかん。よみちゃんこそ頭にはいってんの?
よみ:とうぜんだろ?漫画読むのにそんなに時間かかるか?

大阪:なあちよちゃん、、、!
ちよちゃんの前には12冊の読み終わった本が。なおかつ13冊目が半分くらい。
よみ:(ま、負けたー!)
大阪:ちよちゃん。 ちよちゃん!
ちよ:んぁ? あ、は、はぃ?(漫画に集中していたのですぐには気づかない。)
大阪:ちよちゃんそれ全部読み終わったんかー?
ちよ:はい。読み終わってますよ?読みますか?
よみ:ちよちゃんそれで全部頭に入ってんの?
大阪:それさっき私に言った言葉やんか。
ちよ:はいってますよ。この漫画面白いですね。
よみ:なに読んでんの?
ちよ:「こち亀」です。
ちよ:ここいくらでも読み放題なんですか?いいんですか?こんなに安く本読んじゃって。毎日通っちゃおうかな?
   あーでもあんまり漫画ばっかり読んでるとお母さんに怒られるかな?
よみ:はぁー ちよちゃんの天才能力を垣間見た気がするよ。

よみ:ここインターネットカフェもやってるんだ。 ちよちゃんちょっとこっちきて。
(たぶん席替え手続きが必要)
よみ:ちょっとこの速読テストやってみ。 あとでおおさかも。

大阪:ふえー2000語/分やて。(注:文字/分ではありません。)
よみ:私で700語/分だからな。おおさかは?
大阪:80語/分や
よみ:普通の人が120語/分らしいから、割と遅いほうだな。

よみ:大阪さぁ、本読むときに頭の中で音声化(読み上げること)して読んでんだろ?
大阪:そうやー
よみ:だからおそいんだよ。それだとしゃべる速度以上で読めないだろ?
大阪:あ? あぁ あーあーあー
   あーそっかー、それで、急いで読もうとしても、なんかスピードあがらへんねん。
   それにたいていの本は標準語で書いてるんでしゃべりにくいねん。
よみ:おまえ、大阪弁に変換しながら読んでたのか?
大阪:なんやー 読むときに声に出さんでええんや。

よみ:ちよちゃんはいつからそういう速読法を身につけたの?
ちよ:昔本で読みました。
よみ:独学か。まあ私もそうだけどな。

数ヵ月後
とも:なあなあ、大阪− テストの点数みせっこしようぜ、、、せーの、 げっ!
   72点?お前いったいどうしたんだー?
大阪:ふっふっふ これでボンクラーズ脱退やー
神楽:いったい何があったんだー大阪ー。 はっ、お前目がいいからまさか、、、
大阪:あほなこというたらあかん。ちょっとしたこつを教えてもらったねん。
とも:どこで?
大阪:漫画喫茶。
とも・神楽: はぁ?



8月21日    ちよちゃん球場に行く2
よみ:ちよちゃん。eplusでドームのS席が取れたんだ。(結構奇跡に近い)
ちよ:え、本当ですか。あれって巨人戦の申し込みはいつも止まっててぜんぜん反応しないじゃないですか。
よみ:そうなんだよ。巨人が優勝の線がなくなったんで人気が落ち…(はっ)
ちよ:
よみ:そ、そんなことないよなぁ。
ちよ:(にこっ)
よみ:9月19日の阪神戦だからきっと優勝戦線最終局面で白熱してるところだろう…なーっと
   (だといいなぁ という意味なんだけど)
よみ:そ、そもそもeplusで開始7分後にチケットが取れるなんて奇跡だよ?
   きっと試合見に行けって言う天の声だと思うなー(必死に盛り上げ)
ちよ:(にこにこ)じゃあ行きましょうか?
よみ:(ふーっ 巨人が弱いと気を使わないといけないから疲れるぜ)

今回は二人です。 観戦編は9月19日以降に。



8月25日
自己投資
ゆかり:今日は私給料日よ!(ビッ!)
にゃも:そうね。私もよ。
ゆかり:というわけで飲みにいこー!
にゃも:え、今日はちょっと…
ゆかり:なにっ!デート?!
にゃも:違うわよ。フィットネス行って体鍛えてるのよ。あんたもすこし自己投資しなさいよ。
ゆかり:あんたは体だけが資本だからなー
にゃも:うるさいなー。 ほら、英会話学校のパンフレット。あなたの代わりに集めといたのよ。
ゆかり:あんだよ、あんた先生かよー
にゃも:あなたもね…

比較対照
ゆかり:ところで駅前留学っていくらかかるの… え?焼肉食えるじゃん! あ、焼肉行こう!焼肉!
にゃも:え?あんたがおごってくれるの?
ゆかり:はっ そんなわけねー
にゃも:(がっくり)やっぱり?

駅前留学
木村 :ほほぅ 駅前留学ですか。
ゆ&に:わっ。びっくりした!
木村 :私も行ってますよ。
にゃも:え、先生古文じゃぁ
木村 :教師ならそのくらい当然でしょ?
ゆ&に:
木村 :これです。
ゆ&に:「平安 宮中 みやびコース」 「お江戸 庶民コース」? なんじゃこりゃー!
木村 :先生のクラスの美浜君も来てますよ?
ゆかり:え、ちよちゃんが?

真相
ゆかり:ちよちゃん! あんた私に黙って駅前留学とかしてるんだってー?
ちよ :え、は、はい 英語とフランス語とスペイン語をちょっとしるぶぷれ。あみーご、あもーれ、ぶえのすでぃあす?
    ぽるふぁぼーる はよろしくプリーズです。 な、なんかまずかったですか?
ゆかり:(それはそれでげっ!) じゃなくて平安とか、お江戸とかのやつ!
ちよ :???
ゆかり:木村も来てるやつよ!
ちよ :あ、ああ。 あの…文化センター主催の 映画「陰陽師」鑑賞会と、歌舞伎鑑賞会なんですけど。
ゆかり:そんな勘違いするようなややこしい名前つけるなー!
ちよ :(半泣き)あ、あの… 私に言われても… (このセリフ父親の「俺に聞かれてもなー」の遺伝です)

帰り道
ゆかり:ぐぁー 教師が勉強するとはなんてやな奴
にゃも:教師が勉強するならいいじゃん。
ゆかり:くっそー こうなったら私も!
にゃも:お、やる気になった?
ゆかり:遊んでやるー!                          (このへん とも と感性同じです)
にゃも:(がっくし & ため息)

今月にゃものあつかいがアレなんで(笑)すこしでも失地回復させようと作ってみたんですが、
全然役に立っていませんね。
 


8月29日

よみ:おーい、とも。 お前大学行くつもりなら、早めに勉強しとけよ。
とも:なんで?
よみ:ほら。 後3年後には5教科7科目に増えるんだ。そうなったらお前は絶望的だからな。3年以内に受かっとけよ。
ちよ:あの、智ちゃんの受験って3年計画なんですか?
とも:なんだよみー そんなに私に同じ大学にきてほしいのか?
よみ:ば、ばか。 お前が私と同じ大学に受かるわけが無いだろー
とも:ああ、見える、見えるぞー。 私が受かったと知ったときのよみの表情、 めがねずり落ちてる上に、顎はずれてるし!
よみ:変なもの見るな!

ちよ:ところでよみさん、どこ受けるつもりなんですか?
よみ:え、まだ決めてないけど…
ちよ:そうだ!私と一緒に○○にいきませんか? (○○の具体名は未定です。東大じゃあつまんないし。)
よみ:え?そりゃ私でもちょっと難しいんじゃ…
ちよ:えー、 わたしよみさんといっしょの大学に行きたいですー (純真に訴えかける表情)
よみ:うっ… (そ、そりゃちよちゃんといっしょの大学には行きたいけど、そこ行くには今から猛勉強しても間に合うか…)
とも:えー? ○○? はっ、よみにはむりね。
よみ:(カチン)
 

先の話で未確定ですが、このあとよみは猛然と勉強を始めたようです。
くじけそうになると、ちよちゃんの訴えかける表情と、ともの馬鹿にした表情が浮かんできて
飴と鞭状態で異常な集中力を発揮したとかしないとか…

先の展開については勝手に妄想してまして… (キャラ紹介 よみ のところにちょっとかいてますが)

受験でちよちゃんは余裕で受かる一方、よみは直前に熱を出してしまい(本番に弱い)受験失敗。浪人してしまう。
ところが本番に強いともが(別のランク低い大学だが)一発合格してしまい、
一年間よみは ともの「でも私は大学生だもんねー」 攻撃にさらされる。
翌年、今度は余裕でちよちゃんと同じ大学に入ったよみだが、そうなるとちよちゃんが上級生になるわけで
先輩風をビュービュー吹かされる。(推定風速45m/s) いままで保護者のつもりでいたよみはちょっと複雑な心境。
あげく、うるうるした瞳で「わたしよみさんといっしょの大学に行きたいですー」などと、殺し文句をいっておきながら、
ちよちゃんは3年次にMIT、ハーバード、ケンブリッジあたりに大学院進学してしまい
一人ぽつんと残されるよみであった。(よみ2年生のとき)

という筋を下書きにした、よみ大学3年生の夏、海外の大学院から休みで帰国してくるちよちゃんを
成田空港に迎えに行くよみ。 夏休みを利用して、久々にちよちゃんの別荘に皆が集まることになったのだ…
というシーンから始まる5年後ストーリ(中〜長編)をあたためていたりします。

ちなみに 榊さんは獣医学校に行って憧れと実態のギャップに悩み中。
神楽は体育推薦で教育大学に進学。なんとともが同じ大学に進んで教員資格を取得中。
(私の中ではこの二人が、第二のゆかり&にゃもになって、あの高校に戻ってくることになっています。来年教育実習予定)
なんと大阪は短大卒業後、さっさと結婚してしまい子連れで参加。(当然別荘で大阪の赤ちゃんで盛り上がる)
で、ちよちゃんが抜けた心の穴のせいで(笑)、目標を失っていたよみが、皆と騒ぐうちになんかのきっかけで
再度前向きを取り戻す というのがプロットです。
同時に同じ合宿で、榊さんもなにかをきっかけに壁に立ち向かう勇気を得ます。

さらにその5年後、今度は複数の大学院を渡り歩いて勉学、研究を極めてしまったちよちゃんが、壁にあたって悩み
また久々に集まった別荘で皆と交流するうちに、何かつかんで、立ち直るという10年後の2ndストーリー
(こっちはまだこの程度しか考えていないけど)もあります。

10年後のプロットとしては、
榊さんの壁を破るのは獣医大学の先輩(榊さんより背が高い。豪放磊落な性格)で
榊さんに治療のためにはときに動物を突き放して見ないといけないということを教えます。
(溺愛ではなく、裏に厳しさのある愛とでも言いましょうか)
で、榊さんはこの人とくっつくんだな。 そして卒業後、開業して、手を噛まれまくる名物獣医として名声を確立中。

とも、神楽は第二のゆかり&にゃもとして後藤先生を悩ませています。
よみはOLになって一般職としてバリバリキャリア伸ばし中。転職2回。
男勝りの能力に、周りが引いてしまい彼氏がいないのが悩みです(笑)
大阪はすっかりいいお母さんです。(二児の母)

え?かおりんに千尋? うーん。考えてなかった(爆)

ぜぇぜぇ。 これで一応皆にこんなのを考えてたぞというのが伝わったんで、作品が未完で未発表に終わってももう思い残すことは無い。
 



 

戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット