プリキュア 今週の感想

OP,EDのCDサウンドトラック
cover cover


17話 ハートをゲット!トキメキ農作業
まずはお約束。先週の復習です。
一人リフティングの練習をしている藤P先輩を見るけるなぎさ。
がんばれ」と小声で応援。
すると「もっと大きな声で応援したら?」といきなりほのかが

ほのかには微妙な恋心はまだわからないのか、それとももうなくしてしまったのか。(w

明日暇か?と聞くほのか。
知り合いの農作業を手伝ってほしい。
藤Pも来る。

先輩と一緒に農作業?

この農作業というノリがプリキュア味だと思います。

明日の農作業を前に、何を着ていくか迷うなぎさ。
農作業なんだから、そんなおしゃれな服とかないし。汚れるし。
でもそれが乙女心。

その微妙な乙女心をのぞいた亮太を コブラツイスト
たのむ。おいちゃんにもかけてくr…

ごろごろなぎさ。
おねぇちゃんのパンツ見えてもうれしくないかなぁ?

そして次の日。
電車(ディーゼル)ではるばる向かいます。
キリヤ君だけ一人離れています。

駅から農家までも相当あるだろうに。
バス?そこから歩くにしても結構ありそうな。
まあ、この辺のことは問わないのがマナー

おじいちゃんが腕を怪我したので、農作業ができません。

とても一日では終わりそうにない広さですけど。

藤村君となぎさは運動部どうしでいいんじゃない?
ちなみにそれはキリヤ、木全君にも当てはまりますが。
そこを流れで自然に思わせてしまうのが、仕切り女王のすごいところ。

言いたいことははっきりとね」と妙なプレッシャーをかけるほのか。
おせっかい女王の名称も進呈します。

藤Pとなぎさは大根の収穫。ぶっこ抜きです。
藤P先輩のことを考えて、それしか考えてないところが逆に集中力になってるのでは。
こういう(単純)肉体労働時にはあれこれ考えててもしょうがないんです。
ほめられてさらに舞い上がり、ものすごいペースで大根を引っこ抜く

さて、ほのかはキャベツについて薀蓄をたれながら収穫中。
ええ、薀蓄女王の名前を進呈。

じょえるさんご推奨シーン。 腰ハァハァ。農作業は腰が命です。
一方キリヤはこれだけあるキャベツなんかがんばったって終わりっこないと
はなから投げてます。
まあ、終わらないにしても作業しないとよりいっそう終わりませんが。

それに対し、
みんながんばってるんだから。
一人じゃダメだから、みんなで力をあわせるんだ。
と説得するほのか。
ええ言葉じゃのう。

キリヤはそれを聞いても「人間って弱いな」と悟った風。

でも「力をあわせるから人間は強い。」と根気強く説得するほのか。
すごいなぁ。私ならとっくにキリヤの態度にキレてるよ?

「どういうことですか?」に対し、「やればわかる」といって
結局キリヤを働かせる。すげーな。

働いてみてもわからないキリヤ。
文句ぶーたれるキリヤを根気強く説得。

お昼のお誘いですが、 サボった分を取り返してから。と

ほのかは昔から中途半端が嫌い。
木全先輩が「キリヤのやつ、怒られながら相当こき使われてるぞ。ほのかちゃんそういうところが怖い。」って
見抜かれてる?というより、木全先輩ほのかにこき使われた経験あるのね(w

それに対し、直後に強い調子で講義するなぎさ。
ほのかが忠告するのはその人のためを思ってだと。

それを聞いて藤Pが安心します。
ほのかの(他人にも)厳しいところが、嫌がられる(友達を作りづらい)ところに
なっているのではないかと心配していたようだ。
さすが幼馴染。
それが、なぎさのようにその点を好意的に評価して、理解してくれる友達が
(とりあえずはひとりでも)できて一安心といったところか。

まあ、なぎさの場合、なぎさ経由でさらに友達ができていくというおまけもあるけど。

なぎさ、その藤P先輩の言葉に舞い上がります。
で、お茶がなくなったので取ってくると。ごまかし、その場を立ち去ります。
(ここで、まっかになったままじっとしてれば藤P先輩が「こいつかわいいやつ」とか思うかもしれないのに 笑)

農家に戻ってみるとミップルメップルがなにやら新しいアイテムで
愛を確かめ合っています。
いや、愛を確かめ合うということは機械経由でなくて、お互いのから…(ry

ま、とにかく販促アイテムな訳です。
ミポメポはアイテムに頼らなくても明白だと思いますが。

貸して、とラブチェッカーを借りたはいいが、 藤Pと使うのかと突っ込まれてます。

でも、いきなりやってきて「このボタンを押してください」というのは
すっごく妙だろう。

もっともそういうことを考えるわけもなく、案の定目の前に藤Pが来るとあがってしまい自滅。
そのときの藤Pの様子から藤Pはなぎさのことをなんともおもっていないようだ。

CM

ラブラブチェッカーのテストをおじいさん、おばあさんに
結果二人はラブラブ。

この時点で、私は結果がすっげー正しいと思ったが、
物事を表面でしか捉えないまだ中学生のなぎさは
おじいさんの表向きの態度から
ラブチェッカーがでたらめと判断する。

さて、キリヤ君
なんのかんのいって、結構収穫してるようです。
これ運んで ってその後投げ出された包丁で不穏な展開か?とおもったら
素直に運んでます。
この、ドツクゾーンのやつらですら従わせてしまう
ほのかの指導力(光栄のソフトならカリスマ値?)はナニモノ?

こけました。で、さっきの包丁で指を切ったみたい。
なるほど、包丁はそのための小道具か。
怪我をしたキリヤ君。血は赤いのか?(顔色、髪の色からするとなんとなく緑っぽいんだけど)

で、手当てをするほのか。キリヤはなぜ?と問いますが、
怪我している人を放って置けるわけがない、と。

絆創膏は Pre-Q-BAN(プリQバン)です。(笑
なるほど!これは絆創膏メーカーに提携しないかと、暗にセールスしてるんですね。

絆創膏を見つめてなにやら考えるキリヤ。
恋愛とかそっち方面ではなさそうだが。

夕暮れになって今日の作業は終わりっぽい。

絆創膏で再び人間に関して考える。
そこへポイねぇさん登場。

逆に人間に取り入られてるんじゃないのかと。

で、ポイ姉さん、ミミズにザケンナーを取り付かせて攻撃。

倒れてくるたんすからおばあさんをかばいます。
そして火箸でおばあさんを守ります。
爺さんかっこいい。
藤Pと木全先輩は石つぶてで化け物の関心を別方向に引きます。

そしてプリキュア変身。
で、 変身終わってみると現場はとっくに移動した後です。
こういうお約束破りはどんどんやってください。

ふたりのシンクロ攻撃。
何でミミズにいきなり手足と尾が?
とおもったら、ムカデにも取り付いていたのか。

ホワイトは洞窟に引きずり込まれ、ムカデに締め上げられます。
先週に引き続き「だしてぇ」かと思いました(某所でまたあの絵が見られるかと w)

一方洞窟の入り口はふさがれて、キリヤ君が妙な力でバリア張ってます。

プリキュアの弱点。
ひとりでは何もできない。
まあ毎週そうなんですが、今のところ何とかなってます。
(というか、何とかならなかったらそこで尾はなし終わってしまうし)

石を渡せというポイねぇ産に対して、断固拒否します。
がんこ女王の名称もあげましょうか?(w

がとどめを刺そうとするポイズニー姉さんにおもわず
キリヤ君力を使うのをやめます。

すると キック一撃、なぎさが入り口を蹴壊します
その破片を受けて崩れるムカデ。ホワイトを放り出します。

ヒーロー登場
すかさず(女の子は)ヒロインでしょ?とつっこみ。
(まあなぎさ的には、助けるほう→ヒーロー 助けられるほう→ヒロイン なんでしょう。)
(くどいが補足:つまりヒロインのピンチに颯爽と駆けつける存在がヒーローであり
 なぎさの概念的には男女の区別は関係なかったに違いない。
 あとヒロイン=ヒーローに守られるかわいい存在というのもどこかあるに違いない。
 まあ、プリキュアの場合、変身後の身体能力に差はないので、そういった意味で、
 どちらがヒーローヒロインというのはないのだけれども。)

あとはとっとと片付けてしまえということで
マーブルスクリュー一閃。

化け物はミミズとムカデに戻りました。
そのミミズを拾い上げ、かわいいと 差し出すほのか
さすが科学部の女。

いっぽうなぎさのほうが、 虫とかダメみたいです。

これにて一件コンプリートで(注:番組違)農家の前に戻ってきます。
ザケンナーに壊された家はたぶん自動修復。

おじいさんの怪我は残ってますが、単なるかすり傷。
おばあさんが怪我が泣ければそれでよし。
爺さんかっこいいぜ。

ラブチェッカーの正しさを主張するメップル。
「まず、一歩を踏み出さないと」

変に後押しされて藤P先輩に近づきますが、思わぬ顔と顔の急接近に
お疲れ様でしたとごまかす。

前途多難ね。

CM
鏡の前でポーズを取るドナルドって?
(いや、だからといってマクドのサイトに行くほど安直ではないですよ?)

来週
テストです。キリヤ君の立場は微妙なものになるでしょう。
ほのかと交流することにより、キリヤの中で何か変わるのか。
この手の敵との交流するのもある種パターンになってますが、
パターン破りの得意なプリキュアはどんなストーリーを見せてくれるのか。

感想
いやもう、ほのかは女王様。
キリヤ君ですら思わず働かせてしまうそのほのかのカリスマ性はなに?(w

光の園で愛を確かめる手段は機械仕掛けなのか。(アイテム売り込み売り込み)
しかし、ラブラブ中はかまわないが、
倦怠期や、こっそり浮気中とかの場合、かえって波風の立つアイテムのような。
きっと光の園では、このチェッカーをすり抜ける機械が裏アイテムとして
高値で取引されているに違いない(笑

変身後の決めセリフを決めたら、現場はとっくに別のところへ移動していた
というのも、この手のお決まりごとを無視していていいかも。
(たとえば、変身中は攻撃しない。必殺技の宣言中も同様に攻撃したり、よけたりしないなど)

ヒーロー登場って、聴いた瞬間、画面のこっち側で思わず突っ込みましたが、
やっぱりホワイトに突っ込まれてたなぁ。

さすが科学部、ミミズ、ムカデなどは全然平気。
いまどきの子供たちって、虫とかまったくダメな子多いのにね。

人間に今までにない興味を感じ始めたキリヤ君、なんかそっち方面の展開があるのか?

先週のフォークダンスや、ほのかとなぎさのふたりがいちゃつくたびに
「こいつら仲良くなったなー」とおもう。
というのも、8話で二人が一度喧嘩してしまう話が、シリーズ全体の構成に
程よく効いているからだ。
(8話に関してはこの辺とかが)

しかも、今回8話で喧嘩の原因になった、ほのかがわざとらしく藤Pとなぎさをくっつけるということを、
再度出して、それを二人がさらりと流していることで、二人の間に昔のわだかまりは何にもないんだぞということを
描いて見せている。
(二人の仲がまだ深くなかったら、触れるのに微妙な問題(爆弾)として残っていた可能性もある)
まあこの8話をそこまで考えてつくったかどうかは知らないが、
(二人が美墨さん、雪城さんからなぎさ、ほのかに変わった回でもあり)
プリキュア全体を見たときにとてもいい話だったとおもう。


プリキュア16話 ストレス全開。マドンナはつらいよ

ドツクゾーン側。時間がないっていってます。
こちら側は3人しか残っていない。
好きにさせてもらう。 オトナキャラならかっこよく決まるところだが、
子供が言うと単なるわがままに聞こえる。

高級車から降りてくるお嬢。なぜか裏通りで降ります。
普通こういうのは正門前に堂々と乗り付けて…とやらないかい?

試合中、先週の旅行中の襲撃のことを考えているなぎさ。
(回想シーン長くない?時間稼ぎ?)
そんなこと考えてると…
とおもったら、ゴール決めてるし。

ところがギャラリー大移動。
ベローネ学院のマドンナ友華先輩がバレーの試合をしています。(お蝶婦人?)

ストレート勝ちといってますが、
川口さんが指摘しているように、 1セット取られてますが(w
(なぎさの勘違いか。つまりなぎさが観戦始めてからは1セットも取られていないのでそう表現した)
マドンナは各種の部活に助っ人として活躍している。

スポーツ+勉強どちらも万能で、容姿端麗お金持ち。
つまりプリキュアの二人を足したようなものか。

本当は科学部だって?

で、話しかけてくる。
バレーの試合すごかったですね ってほのかは見てたのか?
(聞いた話なら「すごかったらしいですね」になると思います。)

つまりは科学部の幽霊部員ということか。
バレーの試合中のハプニングにちょっと言及。
「きらわれてるのでは?」と気にするなぎさ。

翌日。なぎさ寝坊。遅刻必至コース。
その団地の風景はなんとなく「耳をすませば」で見た風景っぽく見える。
電車の中でもじもじしてますが、電車中はあせってもしょうがないです。
(トイレを我慢しているようにも見えます 笑)

路地を走るなぎさを追い越していく高級車。
なぜ見られたことを気にする?
とおもったら、送ってもらう理由は寝坊か。

なぎさ、クラスに飛び込み。でもアウト。
罰が黒板掃除くらいならいいじゃん。

でもなぎさにかかれば、罰もゲームに
仲良いのう
こいつら本当になかよくなったなーと思いました。

小田島先輩が目撃。小学生だったらやってもいいけど。
「やっぱ嫌われてる?」と気にするなぎさ。

マドンナにはマドンナの苦労があるらしい。
(みんなが期待する虚像をキープしないといけない 素の自分をさらけ出せない)

帰り道。マドンナにはピアノのお稽古が待っています。
でも本当は買い食いもしたい。
友達とお話したい。

目撃したのはなぎさ、ほのか、莉奈に志穂。
4人組になりつつあるのか。

マドンナのイメージを崩さないように。
ああ、それで目立たないところで車から降りてたのね。

そんなところにぽつんと突然怪しすぎる占い師。
カゲにザケンナーを取り付かせたのね。
その後本人には影がなくなる。
さて、これが後で聞いてくるのか
(カゲがないことでなんか見やぶられるとか)

ただ、最近の傾向を見てるとこういう黄金パターンを見事に
肩すかしするので、期待わくわく
(注:下書きはリアルタイムで書いています。)

CMあけ

帰り道、なぎさとほのかの二人になりました。
騒ぐミップル。邪悪な気配を感じる。

近づくその気は先輩。声をかけるが通り過ぎる。
ここでも「やっぱ嫌われてる?」
なるほど嫌われてるが伏線になるとは。

ミップルとメップルが感じる邪悪の方向は逆
じゃんけんで決めようとするが、勝負がつかない
そんなとこまで気が合わなくても。

ところが同じ方向からまた小田島先輩が。
そしてなぎさの反応は「嫌われてる?」
おおっ!ほのかが見事な突っ込みしてる。

するとものすごい数の小田島先輩が。
それはありえなーい。(笑

志村、うしろうしろ。

わるいことしまくる影たち。
ひとり(?)はないちもんめって面白いのかなぁ?
でも、そういうことはカゲじゃなくて、本人がやらないと、
ストレス解消にならないと思うんですが。

そして変身。
このバンクシーンとか、某セラムンのように、
実写版だとものすごく(見てるほうが)恥ずかしいんだろうなぁ。

スクラップ置き場に戦場を移します。
襲い掛かる先輩群。(「先輩軍」でもいいかもしれない)

いや、ここでも嫌われてるじゃなくて。(笑
(今回、徹底的に嫌われてるで引っ張ってるのはいいと思う)

攻撃は押しくら饅頭だけ?
(ここのホワイト「出してぇ」のシーンはじょえるさんご推薦 w)
この中に本物がいる。
偽者は本物のカゲに取り付いたザケンナー。
抜け出すホワイト
光を当てると影は消える。
廃車工場に場所を移したのは四方八方から光を当てるためか。
(注:誘い込んだのはポイ姉さんですが、シナリオの都合という意味で)

光を当てると、偽者は消えましたが、再びポイ姉さんの指パッチンで登場。
「何か書くもの」と叫ぶなぎさ。
何をするかと思えば、本物にマーキング。(笑
困惑するホワイト
すげー、落書き(w
さすがブラックやることちがう。

で、ザケンナーは合体して巨大な一体になります。
飲み込んでしまえって、すでに飲み込んでるとおもうが。
(外から入ったのと、飲み込んだのとは何か違うのか?)

バンクシーンなしで、体内からマーブルスクリュー。

書いたのはマジックなので消えない?
→ホワイトボード用みたい
油性マジックだったら最高だったのに。

いや、その落書き、子供の落書きの典型っぽく、なかなか傑作。
(先輩の名誉のため、キャプは乗せませんが。 あと額にはやっぱ「肉」でしょう。)

で、その落書きのオチは?

翌日平然とした顔で通う小田島先輩。
突然後ろで笑うなぎさに、なぞの落書きを見られたのでは?と心配する。
ああ、そういうオチですか。

で、ほのかにも笑いが移る
性格の悪さはどちらからどちらへ移ったのか?(笑

次週
そろそろおねぇさん退場のころか?

めろりんきゅぅ

相変わらず予告でホワイトきついなぁ(w


感想
今週はどこまでも「嫌われてる?」でぼけとおしたなぎさがいい味出してました。

マドンナはドリル髪の法則。そうすると
まりみてなら 瞳子、
ぱにぽになら南条さん?



15話 めっちゃ危ない家族旅行
ラクロス組みと、科学部組で基本的に交流のないと思われるあの二人が
ほのかが旅行にいくという話を知っているということは、
孤高の存在(悪く言えばお高くとまっているとか、近寄りがたいとか)だったほのかも
少しずつ普通の人たちと交流ができ始めていて、
いろいろ話をする機会も増えてきているということか。

なぎさはそのホテルがある場所の伝説を知らないらしい。まあそんなこと気にするタイプでもないが。

ホテル。→ 旅館れいくさいど。名前負け?

旅館のおじさん意外とお茶目。

そこになぎさとおばあちゃんが。そんな偶然ありえない。

結局いっしょに団欒することに。

とーちゃん親父ギャグをかっ飛ばします。
科学部→新素材の開発って、理系なのか。

あこがれのほのかさんと一緒になったので、はしゃぐ弟君。
なぎさに指摘され、照れる弟君。青春じゃのう。

その手の親父はほのかには新鮮かもしれない。

しかし、劇中の人物が自ら展開読むかなぁ。(メタレベルのギャグ?)

扉を開けると、そこにポイズニーが。
しかし改めてあけてみるといない
けっこうおねぇさんお茶目なのね。

見なかったふりをして現実逃避。

旅館の食事を食べさせてって、食えるのか?
とおもったら、やっぱバーチャルの世界か。
うわ、すげー豪華。

明日はたっぷりほのかが遊んでくれるって、勝手に他人をダシにしてる

ポイ子さん、働かされてるし。運動神経はよい。

湖に来て見るとうっすらと霧が。船は出そうにないが、そこへわざとらしく渡し人が。
ひんにゅぅ というかまだ中学生だって。

CM

渡人とはおねーさんだったのか。

祠から、なんか出ました。でも二人は認めようとしません。
なぎさ:いま、どーんって音とした?
ほのか:うん、そのまえにぽとっと。
なぎさ:ざけんなーって聞こえた?
ほのか:う、うん、なんとなく。
現実逃避?(笑

でもふりむくとやつらはそこに。 髪切られてるし。

今週の鉄壁のスカート(笑
キュロットでなく、普通のスカートなのに… (ぶっちゃけありえなーい)

夕飯なのに、二人は戻ってきません。
つーか、そこまで煮込んでたら、いまさら遅い気が。

娘を心配するお父さんパワー全開。
でもオール流されてるし。

あんまり「今よ」という気もしませんでしたが、変身します。

アクション期待したレベルなんですが、時間短すぎ
真剣白羽取りしてるし。やっぱホワイトは合気道系?

倒木に足を挟まれ動けなくなる黄金パターンか。

変身中は相手の呼び方は、なぎさ、ほのかでなく、ブラック、ホワイトなのね。

そこへのこのこお父さんが。
ポイズニーが、妙な網みたいなものを投げましたが、
どうしてその次のコマで崖から落ちてたのかつながりがよくわかりません。

ブラック絶体絶命。
そこで伝説が出てくるか。

倒木はあっさりブラックが処理。(あれ?黄金展開は?笑)

戦闘後、お父さんに起こられるなぎさ(と、ほのか)

お風呂。
(わくわく)
あれ?入浴シーンは?入浴シーンは?

素直に謝るなぎさ。

なぎさ、父の愛を知る。が、照れ屋の父はギャグでごまかす。

翌日、お帰りです。
父親にべったりくっつくなぎさ。

とうちゃんが好きになった→べったりくっつく
なぎさの行動はとても直裁的でとってもわかりやすいです。(ほめてます)

来週
プリキュア版お蝶婦人?
予告編でのほのかの冷たさが最高。(w


14話
ジャアクキングダム側、だんだん切羽詰ってきてます。

調理実習で、なんか作ってます。ケーキらしい。
変身を見られたのでは?と悩むなぎさだが、「やっちゃったものは仕方ない」と
あっさり開き直るあたりが現代風。

そこへ夏子と京子がやってきてプリキュアの話をする。

どうしようって言われても。
ばれる日が来るのかなぁ?わりと軽いノリ。

ブラックはかわいくていけてるけど、ホワイトはいまいち
ホワイトがいけてて、ブラックはわがまま

結局無駄話をしてると先生に怒られる。

帰り、たこ焼きやで作戦会議。 相変わらずなぎさはほのかの10倍くらい食べるペースが速い。

昨日私たち変身した? 覚えてないくらい変身してるのか。
茜さんが戻ってくる。すばやくカードコミューンを隠す。
るすばんのお礼にもうひとつたこ焼き。
小食な、ほのかのほうが「いいんですか」というのは珍しいと思った。
(食い物で反応するならなぎさでしょう。まあそれだけたこ焼きが美味いということか)

「さっさとおうちに帰りなさい。」 お笑い系?

プリキュアのまねをしてると、ドツクゾーンのやつらに狙われるかも。
そんな危険性を知らずにプリキュアってるやつらといえば…
で、ふと横を見ると黒と白が。夏子と京子。

なぜそんなことをしてるのか。
すでに子供たちには人気者になっている。
発端は、夏子の私がブラックというはったりから。それを子供に聞かれて、
説明しているうちに調子に乗ってということらしい。

で、自分たちでコスプレして、プリキュアになって見せたと。
ちなみに「さっさとおうちに帰りなさい」というきめセリフを素直に聞いたら
ギャラリーたちはいなくなってしまいますが(w
歯磨きして寝なきゃって、君たちはドリフか。

で、その服のまま街中を帰るその勇気のほうがすごいと思います。

そこへポイズニー登場。「ねぇ、お茶しない?」ということだが、
おねーさんの場合「お茶目しない?」では?

CMです。

二人を追いかけるなぎさとほのか。
操られた二人を発見。

夏子、京子はなぎさとは友達だが、まだほのかとは名前を呼び合う仲ではない。
(いや、どうでもいいことなんだけど)

本家プリキュア変身。
あおりの構図素敵(笑

素人であるはずの二人も、操られるとそこそこの身体能力を示すらしい。

鉄壁のスカート(笑    

一応本職側のアクション。  
マーブルスクリューで一応片はつく。

戦闘後、とぼけるなぎさとほのか。
もう(プリキュアの真似)やめようかという二人。

が、次の日には、プリキュアのまねしてる。(笑
このパターンは新しいと思う。


来週は、アクションシーン期待できそうだ
次回予告のエンドキャッチは、まりみての予告編くらい破壊力があることが多い。



ラクロス練習の合間。
サッカー部の練習に突如入ってくる転校生。
サッカー部のエース藤Pを抜いてシュート。

他方科学部はなにやら作ってます。
かっこいい男の子とかうわさの転校生とか、その手の話には興味のないほのか。

一方めがねの娘はテンパってます。

転校生はサッカー部に入部。
やっぱ女の子はかっこいい男の子の話好きよね。
激しく妄想激しく猛打

弁当に焼きそばパン、カレーパンを軽く平らげ、まだ物足りない。
まあ、成長期ですし、運動部だし。

数学の問題があたることを思い出し、ほのかに教えてもらおうとするなぎさ。
でも教室にはいなくて、もうひとりのメガネ娘と理科室でなにやら作業をしています。

静電気発生装置はヴァンデグラフ静電発生器というやつ。 小さな地球をシミュレーションって中学レベルの研究じゃないですがな。

お弁当二つをあっさり平らげる。ほのかたちは知らないが、この前にすでに1.5人分くらい平らげてるのだが。
それで腹八分目か。
数学の問題を教えてもらおうとして来たことを、あっさり忘れてます。(まあなぎさらしいが)

補習でみっちりしぼられたあと、帰り道で足首かっくんでこけるなぎさ。
かどを曲がったら転校生とごっつんではない、新しいパターン。(w

さらにターゲットを変えて帰りの電車でほのかに声をかける転校生。
あなたは?
で、当然自分を知っていると思っているキリヤ君はちょっと肩透かし。

電車が着たのでさっさと乗っていってしまう。メガネの娘は転校生と話したかったようだが。

「いいの?ほのかの家にいっても?」
「ふふふ。わたしとふたりっきりでいろいろお勉強しましょうね。」
ほのかにいろいろ教わりたい。薀蓄女王はきっと教え魔なんだぜ(w
あんなことや、こんなことや、いろんな秘密や、どきどきすることを教えてくれるに違いない
ああ、でもスパルタ式だったらどうしよう(いや、そんな妄想はいいから)

けっきょく取り残されるキリヤ。ま、そっちのホームにいるのなら
そのまま一緒に電車に乗れば?とも思ったけどね。
で、突然犬が話しかけてくる。しかも立ち姿で。そりゃ引くわ。
犬の招待はポイズニーお姉さん。
人間の姿に戻ったのに、返事に「わん?」とは、お姉さんお茶目。

その姿、かなり目立つって、まだ話す犬よりはましかも。

CMあけたら発表会です。

ゆりこテンパってます。

キリヤと藤P先輩登場。
わざとらしく急用を思い出すキリヤ
二人っきりになってやたら緊張するなぎさ。
恋する自己会話(モノローグ)&百面相最高。

ど、ど、ど、ど、どーしよー
何か話さなきゃ
何か共通点の話題は?
(ごっくん)
おちつけ、私。
そうだ、ほのかよ
ほのかは先輩の幼馴染で、私の友達
立派な共通点だわ
えーっと、えーっと。先ず最初のセリフはー
ほのかの実験成功するといいですよねー
おおーっ、自然でいい感じ。
よしっと
ああーん、心臓が。
どっきんどっきん(メップル)
いらんことすなー!

結局要らん事すなー で終わりますが。

いよいよベローネ学園の発表ですが、当然ここでザケンナーの介入。
一応電源事故ということで、皆さん避難します。

3人ほど残ってますが。とくに変身の障害になるわけでもなく、戦闘の障害になるわけでもなく。
(二人組みの方が次回の話への伏線になるのだったらすごいと思いますが)

相変わらず戦闘中の身体能力は高いです。
この手のパターンで、変身前はおとなしい優等生が、変身後すごい身体能力を得て戦うというのは定番ですが、
変身前に身体能力に優れ、だがおばかな体力馬鹿が(いや、なぎさがそうだといっているわけでは…^^;)
変身後、身体能力とともに、高度な知的能力も手に入れ、賢くなって戦うというのは見たことがありません。
(まあビジュアル的に表現しづらいのでしょうが)

どうしてその化け物をほのか一号と思えるかな。愛ですか?
特に戦闘にてこずるということもなく、撃退します。

ゆりこは電源事故で気絶していたことにする。
「うまい。」「よけいなこといわない。」
なんか、仲よさ気でいいかんじ。

で、そこまで話してきて、自分の名前がでてしまうのは、自画自賛になると思うのですが(w

結局この研究が大賞を取れたかどうかは出ませんでしたが、そういうことは問題ではないということで

次週予告
定番パターンの偽者登場。
上で伏線といったのは、残ってた二人のほうが目撃した話から
プリキュアが話題になって、(民間人の)偽プリキュアがでてくるという
話の展開だったらすごいなーとおもって。



一応前回の水族館騒ぎは事故として人々の記憶、記録に残ったのか。
まあ避難指示まで出しちゃってたらね。
さいきんほのか側に遠ざかっているなぎさをこちら側に引きもどさねば。
(いや、そういう感情じゃないんでしょうが。)

今度生まれたらチョコレートになっていたいって
おまえ、それ食われる運命だぞ。
食う側に回らんでどうする。
(と、こういう直結思考回路がなぎさ的か)
棚からしりもちはベタギャグにしても強引すぎます。

石の気配って

奪われたけど、寝てるメップル。
このおねぇさん、外見よりは間抜けなのね。
ああ、安心した。ホワイトと頭脳戦(陰険合戦)になったらどうしようかと(w

ザケンナーに襲われるなぎさ。
画面もちょっと下パンして。(笑

バーカ に笑った。

敵(プリキュア)のことを事前に調べるあたりはすごいが。

あれ?前回の予告はおばあちゃんに見えたんだが。

このおねぇさん(おばあさんに偽装中)の技は催眠術か。
憧れの科学者に説得され、カードコミューンを渡しそうになる。

そこにほのかのおばあちゃんが登場。
なんかすべてを見抜いてるぞ。おばあちゃん。

周りの人がゾンビっぽく変身。
ころがったコミューンはおばあちゃんの手に渡るのか。
つーか自分でとりに行け。>悪役のねーちゃん
ミップルは懐かしいという。やっぱ何かの因縁が?

せまりくるゾンビもどきたちを一喝。

でも本人は力を使ったこととか、コミューンの正体とか気づいてないふう
少女のころのおばあちゃん(おそらく)ハァハァ(w

敵を投げてるし。(合気道か?)
敵さんの気のエネルギーも跳ね返してる。

またこの子に助けられた また? ついさっきのことではなくもうちょっと遠い話をしてる?。

おなじ(身内が巻き込まれて)許せないでも、ほのかのほうは直接感情が表に出ませんね。

やっとおきて、自分が奪われたことに気づくのんきなメップル。
結局自力で逃げられるんじゃん。

で、変身シーンが終わったら、敵がいないって
新しすぎ。斬新すぎ。こんなすばらしい話見たことない(笑

結局今回はヒーリングでゾンビを直すだけか。
(まあ、前回のアクションシーンがすごすぎでしたからね。今週はお休みか) パルサー が バルサンに聞こえます。

レインボーセラピーでみなさん元通り。

おばあちゃんは先に帰った。
あとに残った二人+二匹で4姉妹会議。(あ、メップルはオスか)

身内が巻き込まれることに対する懸念が。
→あと、私たちいつまでプリキュアするんだろうとかいう懸念もありますよ?(笑

自分、友達、仲間を信じる心がプリキュアの力の元か。

とっととおうちに帰りなさい。
やっぱりおばあちゃんは何気にすべて見抜いてる気がします。
次週予告
おや、今度は複数の悪役で同時進行するのか。
こんどは後輩キャラね
ほのか、なぎさのびっくり具合や、崩れ具合がGood。
多少科学部の話が出てくるか?そっち方面も期待。
今週の最後のアイキャッチは普通だったなぁ。(笑

総評
あーあ、とうとうプリキュアのコーナー作っちゃったよ。
(だって、掲示板だと長すぎて分割しないといけないんだもん)

過去の分はこの下に伸びるかもしれません。

おまけ
EかわE!

端役のめがねの娘ハァハァ(w
その1
その2
(どちらも左端) 戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット